武漢市初の臨時医療施設、新型肺炎軽症患者の受け入れを開始
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

武漢市初の臨時医療施設、新型肺炎軽症患者の受け入れを開始  5日、江漢方艙医院に入院しベッドを整える患者。中国湖北省武漢市江漢区の武漢国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)に設置された臨時医療施設「江漢方艙医院」が5日午後10時、正式に稼働し、新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者の受け入れを開始した。病床数は計1600床。(武漢=新華社記者/熊琦)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 臨時医療施設 医療 軽症患者 受け入れ エキシビション エキシビションコンベンションセンター コンベンションセンター 中国湖北省 中国湖北省武漢市 医療施設 新型肺炎軽症 新型肺炎軽症患者 武漢国際 武漢市江漢区 江漢方艙 湖北省武漢市 湖北省武漢市江漢区 漢方艙医院 臨時医療

画像情報

登録日時
2020/02/05 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2409×3613 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
24.9(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ