チベット自治区の僧侶ら、新型コロナウイルス感染地域への祈りと寄付
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 チベット自治区の僧侶ら、新型コロナウイルス感染地域への祈りと寄付  5日、チベット自治区ラサ市のジョカン寺で募金箱に寄付金を入れる僧侶。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、中国チベット自治区ラサ市ではチベット仏教寺院のジョカン(大昭)寺、デプン(哲蚌)寺、セラ(色拉)寺、ガンデン(甘丹)寺、ツルプ(楚布)寺、ラモチェ(小昭)寺などが相次いで幸福祈願の法会を営み、僧侶らが感染地域のために寄付を行った。(ラサ=新華社記者/覚果)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 僧侶 寄付 ガンデン ジョカン ジョカン寺 チベット仏教 チベット仏教寺院 チベット自治区 チベット自治区ラサ市 ラモチェ 中国チベット自治区 中国チベット自治区ラサ市 感染地域 新型コロナウイルス感染 新型コロナウイルス感染地域

画像情報

登録日時
2020/02/05 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3095×4695 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
41.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ