自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

自宅を出られない住民のため、社区職員が買い物代行江西省南昌市  5日、江西省南昌市紅谷灘新区の居住区で、封鎖式管理が行われている棟の住民のためボランティアと一緒に野菜を購入する艾志雲さん(左端)と胡春麗さん(中央)。新型コロナウイルスによる肺炎対策で、中国江西省南昌市の一部居住区や村では封鎖式管理が実施されている。それらの地区では、感染拡大を防ぐため自宅で過ごす住民の不便さを解消しようと、行政区である街道や社区(コミュニティー)の職員が住民に買い物代行サービスを提供している。艾志雲(がい・しうん)さんと胡春麗(こ・しゅんれい)さんは同市紅谷灘(こうこくたん)新区沙井街道が管轄する社区の職員。1月29日から社区内の住宅1棟で封鎖式管理が実施されているため、2人はこの棟に住む75戸の住民に代わって、生活必需品の購入を担当している。住民が前日に買い物リストを微信(ウィーチャット)のグループチャットに送信すると、艾さんと胡さんがそのリストに基づいて品物を購入。品物を戸別に仕分けて棟の下まで届け、住民たちが降りてきて品物を受け取る仕組みになっている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 買い物代行 しゅんれい ウィーチャット グループチャット コミュニティー サービス ボランティア 一緒に野菜 中国江西省 中国江西省南昌市 代行サービス 代行江西省 代行江西省南昌市 区沙井街 南昌市紅谷 南昌市紅谷灘 同市紅谷 同市紅谷灘 感染拡大 江西省南昌市 江西省南昌市紅谷 沙井街道 生活必需品 社区職員 紅谷灘新 肺炎対策 買い物リスト 買い物代行サービス 買い物代行江西省

画像情報

登録日時
2020/02/05 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3712×5568 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
59.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ