新型肺炎に立ち向かう中過ごす「最も長い休暇」と「最も短い休暇」
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 新型肺炎に立ち向かう中過ごす「最も長い休暇」と「最も短い休暇」  瀋丹高速道路の瀋陽出口でドライバーや同乗者の検温を行うスタッフ。(1月30日撮影)新型コロナウイルスによる肺炎感染の予防・抑制措置が厳格化した今年、中国政府が春節(旧正月)休暇を延長したことから、大勢の人が「史上最長の春節休暇」を過ごしている。対照的に、旧暦の新年の時期に「最も短い休暇」を過ごした一群もいる。患者を治療し、新型肺炎の予防・抑制の最前線で奮闘する医療関係者や大勢の幹部らは、改革開放以来、過ごした中で最も短い春節休暇だと語った。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 春節休暇 旧正月 スタッフ ドライバー 中国政府 丹高速道路 予防抑制 予防抑制措置 医療関係 史上最長 抑制措置 改革開放 瀋丹高速道路 瀋陽出口 肺炎感染 高速道路

画像情報

登録日時
2020/01/30 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3648×5472 pixel
解像度
240 dpi
展開サイズ※
57.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ