「新華社」自民・公明両党の幹事長「中国と共に国を挙げて新型肺炎に対応」
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」自民・公明両党の幹事長「中国と共に国を挙げて新型肺炎に対応」 中国の孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日大使は7日、大使館を訪れた自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長と会見した。両氏は中国と共に新型コロナウイルスの感染防止に向け国を挙げて対応したいと表明した。二階氏は中国で発生している新型コロナウイルス感染による肺炎について、日本はわが身のことのように受け止めており、謹んで心からのお見舞いを申し上げると表明。中国は現在、感染の予防・抑制に積極的に取り組んでいると指摘し、苦境に遭って初めて真の友が分かると言うが、日本は国を挙げてあらゆる支援を行い、中国と共に感染拡大防止を図りたい考えを示した。また、日中両国が団結し協力すれば、できないことはないと信じると述べ、われわれは今回の肺炎に必ず打ち勝つことができると表明した。調達済みの防護服12万着は、できる限り早く湖北省や浙江省、広東省などの医療機関に送る方針を示した。斉藤氏は、公明党は中国での肺炎拡大に心からのお見舞いを申し上げると述べ、また中国にいる日本国民の健康と安全を守るために中国が行った積極的な努力に心からの感謝の意を示した。二階氏の意見に賛意を示した上で、両国が協力を強化すれば、必ずウイルスの蔓延を阻止し、感染症に打ち勝つことができると信じていると述べた。孔氏は、重大な災害に遭うたびに両国は互いに助け合い、困難な局面を乗り切ってきたと指摘。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、日本の政府や地方自治体、政権与党、社会各界が即座に見舞いの意を示し、緊急の事態に手を差し伸べ、大量の防疫物資を提供して中国の感染症との闘いを全面的に支援したことを賞賛し、感謝の意を示した。また、中国は日本との意思疎通と協力を強め、手を携えて難関を克服していく考えを示した。(記者/姜俏梅、鄧敏)<映像内容>孔鉉佑駐日中国大使と面会する自民党の二階幹事長と公明党の斉藤幹事長、撮影日:2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 日本 自民党 二階幹事長 公明党 斉藤幹事長 お見舞い げんゆう ウイルス 予防抑制 二階俊博 佑駐日中国大使 医療機関 地方自治体 意思疎通 感染拡大 感染拡大防止 感染防止 政権与党 斉藤鉄夫 新型コロナウイルス感染 日中両国 日本国民 社会各界 肺炎拡大 自民公明 鉉佑駐日中国大使 防疫物資 駐日中国大使 駐日大使

映像情報

撮影日
2020/02/07
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分22秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4