津山市城西地区を重伝建に
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「山陽新聞」 津山市城西地区を重伝建に  重伝建選定を目指す岡山県津山市城西地区。左は作州民芸館。津山市は同市城西地区で国重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)の選定を目指し3日、エリアの原案を公表した。市中心部西側の旧出雲往来沿いに江戸期の寺や神社、明治から昭和初期にかけての町家が残る12ヘクタール。6月下旬にも市の伝統的建造物群保存地区として都市計画決定して文化庁に申請し、12月ごろの選定を目標とする。=2020(令和2)年2月1日、岡山県津山市城西地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

タグ 中心部西側 伝統的建造物群保存地区 作州民芸 出雲往来 同市城西 同市城西地区 国重要伝統的建造物群保存地区 城西地区 山陽新聞 岡山県津山市 岡山県津山市城西 岡山県津山市城西地区 市中心部 市中心部西側 昭和初期 津山市城西 津山市城西地区 都市計画 都市計画決定 重伝建選定 重要伝統的建造物群保存地区

画像情報

登録日時
2020/02/01 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
山陽新聞

データサイズ

画像サイズ
3518×5209 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
52.4(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ