西安市公共衛生センターの建設、最終段階に
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、検収を終えた西安市公共衛生センターのオフィス・生活エリア。(小型無人機から)中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 建設 ドローン 空撮 中国加油 武漢加油 オフィス オフィス生活 オフィス生活エリア センター 中国陝西省 公共衛生 公共衛生センター 小型無人機 応急隔離 応急隔離病棟 敷地面積 最終段階 生活エリア 衛生センター 西安市公共 西安市公共衛生 西安市高陵区 隔離病棟

画像情報

登録日時
2020/02/11 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2000×3000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
17.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ