「新華社」新型肺炎対策で消毒通路を設置河北省邢台市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」新型肺炎対策で消毒通路を設置河北省邢台市 中国河北省邢台(けいだい)市寧晋(ねいしん)県の雍和楽居社区(コミュニティー)でこのほど、入り口に設置された長さ約4メートルの「消毒通路」の運用が始まった。徒歩や電動バイクで社区を出入りする住民全員が自動的に消毒される。住民らは検温の後、通路内でミスト噴霧による消毒を受け、安全に帰宅することができる。消毒通路はフレームやビニールシート、噴霧機、塩素系消毒液を組み合わせて作られた。専用の噴霧機で半密閉型の通路内に調合済みの薬剤を噴霧することができるという。(記者/李継偉)<映像内容>新型肺炎対策の消毒通路を通行する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 消毒通路 肺炎対策 けいだい ねいしん コミュニティー ビニールシート フレーム ミスト噴霧 中国河北省 中国河北省邢 住民全員 和楽居社区 新型肺炎対策 河北省邢 設置河北省 設置河北省邢 雍和楽居 電動バイク

映像情報

撮影日
2020/02/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
544p
フレームレート
29.444fps
再生時間
00分39秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4