「新華社」新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」新型肺炎に勝つラーメン店の店主が無料で弁当を差し入れ江西省南昌市 今年21歳になる韓海明(かん・かいめい)さんは中国江西省南昌市でラーメン店を経営している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、韓さんは7日から、家族と一緒に丼定食、水餃子などを準備し、昼食の時間になると、いとこと店の周辺の病院や地下鉄の入り口、社区(コミュニティー)などで感染対策のために働く人々に弁当を届けている。現在までに水餃子140セット、丼もの280セットが無料で配られており、これらの弁当のおかげで、午後2時にようやく勤務を終え家に戻ってご飯を食べていた作業員が、時間通りに昼食を取れるようになった。(記者/彭昭之)<映像内容>新型肺炎対策で働く人にラーメン店の店主が差し入れをする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス ラーメン店 弁当 差し入れ 食事 かんかい かんかいめい ようやく ようやく勤務 コミュニティー 一緒に丼 一緒に丼定食 中国江西省 中国江西省南昌市 差し入れ江西省 差し入れ江西省南昌市 感染対策 感染拡大 新型肺炎対策 江西省南昌市

映像情報

撮影日
2020/02/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
00分47秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4