新型肺炎に立ち向かう住民の暮らし湖北省武漢市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

新型肺炎に立ち向かう住民の暮らし湖北省武漢市  9日、湖北省武漢市江漢区唐家墩街西橋社区(コミュニティー)で勤務する警備員。中国湖北省武漢市は現在、新型コロナウイルスによる肺炎患者に対し、可能な限り収容する方針で対応している。新型ウイルス肺炎の確定診断を受けた患者、感染が疑われる患者、感染の可能性を排除できない発熱患者、確定診断を受けた患者との濃厚接触者の4グループに分け、集中的な管理を行う。(武漢=新華社記者/程敏)=2020(令和2)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 暮らし ウイルス ウイルス肺炎 グループ コミュニティー 中国湖北省 中国湖北省武漢市 新型ウイルス 新型ウイルス肺炎 暮らし湖北省 暮らし湖北省武漢市 武漢市江漢区 武漢市江漢区唐家 江漢区唐家 江漢区唐家墩 湖北省武漢市 湖北省武漢市江漢区 発熱患者 確定診断 肺炎患者 西橋社区

画像情報

登録日時
2020/02/09 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2286×3445 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
22.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ