ドアに印付け、訪問調査の精度を向上河北省邯鄲市復興区
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 ドアに印付け、訪問調査の精度を向上河北省邯鄲市復興区  外部からの訪問者や武漢滞在歴の有無を確認する訪問調査を行い、ドアにチョークで「チェック印」を付ける邯鄲市復興区西苑街道弁事処豊逸団地の不動産管理会社の職員。(資料写真)新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制措置をいかに漏れなく実施し効果を上げるか、各地でさまざまな工夫が凝らされている。中国河北省邯鄲市復興区では、民家の玄関先に貼られた春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)に付けられた小さな「チェック印」が、同地区の入念な調査ぶりを示している。(邯鄲=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス チェック チョーク ファイルサイズ 不動産管理会社 中国河北省 中国河北省邯鄲市 予防抑制 予防抑制措置 向上河北省 向上河北省邯鄲市 復興区西 復興区西苑 感染予防 感染予防抑制 抑制措置 武漢滞在 河北省邯鄲市 河北省邯鄲市復興区 管理会社 苑街道弁事処 苑街道弁事処豊 街道弁事処 街道弁事処豊 街道弁事処豊逸 西苑街道弁事処 訪問調査 豊逸団地 邯鄲市復興区 邯鄲市復興区西

画像情報

登録日時
2020/02/12 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
533×799 pixel
解像度
120 dpi
展開サイズ※
1.2(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ