「新華社」新型肺炎の感染防止に小型無人機活用浙江省建徳経済開発区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」新型肺炎の感染防止に小型無人機活用浙江省建徳経済開発区 中国浙江省の建徳経済開発区で7日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止活動にスマート小型無人機が導入された。遠隔操作で飛行する小型無人機が人によるパトロールに代わることで、リアルタイムでの動画撮影や送信が可能になった。現場近くにいるボランティアに遠隔操作で知らせをし、外出規制に従わず外に出ている人々に注意喚起をすることもできる。同機の航続時間は28分。半径4千メートルのモニタリングが可能で、人口密集地や重点区域、周辺の村や鎮、社区(コミュニティー)をカバーできる。(記者/鄭夢雨)<映像内容>新型肺炎の感染防止活動にドローンを活用、パトロールの様子、撮影日:2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 空撮 ドローン 感染防止 コミュニティー スマート スマート小型 スマート小型無人機 パトロール ボランティア モニタリング リアルタイム 中国浙江省 人口密集 動画撮影 外出規制 小型無人機 小型無人機活用 建徳経済開発 感染防止活動 注意喚起 活用浙江省 活用浙江省建徳 浙江省建徳 浙江省建徳経済開発 無人機活用 無人機活用浙江省 現場近く 経済開発 航続時間 遠隔操作 重点区域 防止活動

映像情報

撮影日
2020/02/07
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
368p
フレームレート
24fps
再生時間
01分15秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4