「新華社」業務のオンライン化で新型肺炎対策貿易会社の負担も軽減河北省秦皇島港
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」業務のオンライン化で新型肺炎対策貿易会社の負担も軽減河北省秦皇島港 新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、中国河北省の秦皇島港は継続的に業務の最適化を図り、インターネット上での業務受け付けを拡大するとともに、貨物の無料保管期間を延長することで、売り主と買い主双方の企業の経営コストを削減し、港湾での貿易が平穏かつ整然と行われるよう確保している。秦皇島港新港湾コンテナターミナル・オペレーション部の喬峰(きょう・ほう)経理は、顧客がより簡便に手続きを行い、人との接触を最大限避けるために、ネット予約やメール、またファックスなどを開設したと説明。それらを通じた業務申請を受け、同社は関連業務の受け付け作業をすることができると語った。同社はまた、従業員にマスク着用と体温測定を求めると同時に、人や車両の出入りが激しいゲートで頻繁に消毒している。(記者/曲瀾娟)<映像内容>新型肺炎対策をする秦皇島港の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 貿易 消毒 コンテナ インターネット上 オペレーション オンライン コンテナターミナル コンテナターミナルオペレーション ネット予約 ファックス マスク着用 中国河北省 体温測定 保管期間 受け付け 受け付け作業 対策貿易 対策貿易会社 新型肺炎対策 新型肺炎対策貿易 業務受け付け 業務申請 河北省秦皇島港 港湾コンテナターミナル 港湾コンテナターミナルオペレーション 無料保管 無料保管期間 秦皇島港 経営コスト 買い主双方 貿易会社 軽減河北省 軽減河北省秦皇島港 関連業務

映像情報

撮影日
2020/02/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分28秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4