「新華社」新型肺炎感染の予防・抑制活動支援に、新型ロボット導入福建省莆田市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」新型肺炎感染の予防・抑制活動支援に、新型ロボット導入福建省莆田市 中国福建省莆田市の病院がこのほど、新型のロボットを導入した。院内感染の予防、発熱外来のスクリーニング、隔離病室の消毒などに用いる。消毒ロボットは、超微粒ドライミストの消毒液を噴射し、空気と周囲の物を全面的に消毒する。無人の環境下で、消毒液に強い紫外線を照射し、消毒液の分解を加速することが可能になっている。また、周囲の物や空気に対して自律移動しより多くの位置取りで消毒できるだけでなく、医療スタッフに代わり隔離エリアでの消毒作業もできる。今回導入されたロボットは、病院での消毒や感染予防に加えて、発熱外来の体温セルフ測定、予備検査やトリアージ、感染の疑いのある患者の報告や個人防護対策の教育・普及を行うことができる。(記者/林善伝)<映像内容>新型肺炎の予防対策にロボットを導入、消毒する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス ロボット IT 科学 技術 消毒 感染予防 スクリーニング スタッフ セルフ測定 トリアージ ドライミスト ロボット導入 ロボット導入福建省 中国福建省 中国福建省莆 予備検査 予防対策 予防抑制 予防抑制活動 位置取り 体温セルフ 体温セルフ測定 個人防護 個人防護対策 医療スタッフ 導入福建省 導入福建省莆 微粒ドライミスト 抑制活動 抑制活動支援 教育普及 新型ロボット 新型ロボット導入 新型肺炎感染 活動支援 消毒ロボット 消毒作業 発熱外来 福建省莆 福建省莆田市 自律移動 防護対策 院内感染 隔離エリア

映像情報

撮影日
2020/02/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分01秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4