「新華社」2次元コードを使った通行者登録で感染リスク回避
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」2次元コードを使った通行者登録で感染リスク回避 中国河北省邯鄲市内の一部農村では、新型コロナウイルスによる肺炎対策として、村を出入りする人を登録する際、人との接触が少なくなるよう、2次元コードを試験導入している。登録が容易になるだけでなく、複数の通行者が同じペンを使用する潜在的リスクの回避にもつながっている。(記者/岳文婷)<映像内容>肺炎対策に村を出入りする人を登録、2次元コードを読み取る様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 肺炎対策 QRコード IT 科学 技術 QRコード リスク回避 中国河北省 中国河北省邯鄲 感染リスク回避 河北省邯鄲 河北省邯鄲市内 潜在的リスク 試験導入 邯鄲市内

映像情報

撮影日
2020/02/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
00分47秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4