急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

急ピッチで進む消毒ロボット開発山東省青島市  11日、第2世代消毒ロボットのテスト調整を行う悟牛智能科技の技術者。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に際し、隔離病棟の衛生対策と消毒はウイルスの感染を断ち切る重要な作業となる。中国山東省青島市高新区にあるハイテク企業、悟牛智能科技はこのほど、人の手による消毒作業に代わる手段として、画像認識、機械学習、行動計画などのテクノロジーを搭載した複数種類の消毒ロボットを相次いで開発・改造した。ロボットは、すでに一部の病院の感染科隔離病棟で試験運用を開始している。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス IT 科学 技術 消毒ロボット ウイルス テクノロジー テスト調整 ハイテク ハイテク企業 ロボット ロボット開発 ロボット開発山東省 中国山東省 中国山東省青島市 山東省青島市 急ピッチ 悟牛智能 感染拡大 智能科技 機械学習 消毒ロボット開発 消毒作業 牛智能科技 画像認識 行動計画 衛生対策 複数種類 試験運用 開発山東省 開発山東省青島市 開発改造 隔離病棟

画像情報

登録日時
2020/02/11 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3465×5028 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
49.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ