「新華社」新型肺炎に感染した生後9カ月の女児が退院
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」新型肺炎に感染した生後9カ月の女児が退院 新型コロナウイルスによる肺炎に感染した生後9カ月の女の子が14日午前、母親と姉と共に中国北京市の地壇医院を退院した。一家6人は1月20日に湖北省武漢市から北京に到着。ホテルに入ってから父親が高熱を出し、翌日には新型肺炎と確定診断され、北京市の指定医療機関に入院した。25日には女児も最高で38・8度の高熱を出し、新型肺炎の感染を確認。母親と共に26日に北京地壇医院に搬送されて治療を受けた。さらに女児の姉も感染が確認され、2月1日に同じ病室に入院した。父親が少し前に退院しており、専門医療スタッフの手厚いケアの下、女児と母親、姉も退院基準を満たしたことで、今回の退院となった。(記者/侠克、李萌、馬暁冬)<映像内容>新型肺炎患者の生後9カ月の女児が退院、撮影日:2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 感染 赤ちゃん 女児 治療 退院 スタッフ 中国北京市 医療スタッフ 医療機関 地壇医院 専門医療 専門医療スタッフ 指定医療機関 新型肺炎患者 湖北省武漢市 確定診断 退院基準

映像情報

撮影日
2020/02/14
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分23秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4