「新華社」手話で伝える新型肺炎対策重慶市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」手話で伝える新型肺炎対策重慶市 中国重慶市で最も多くの聴覚障害者が暮らす沙坪壩区の磁器口街道磁建村社区(コミュニティー)の住民、67歳の陳熙倫(ちん・きりん)さんは、以前の職場で長期にわたり耳の不自由な人と交流した経験から、手話を習得した。陳さんは新型コロナウイルスによる肺炎対策を通常とは異なる手段で周知する必要性があると知り、自発的に社区の感染対策宣伝チームに加わった。社区の共産党委員会書記、障害者補助員と共に戸別訪問し、簡単な手話を使って住民らに新型肺炎対策を知らせている。(記者/楊仕彦)<映像内容>手話を使って聴覚障害者に肺炎感染予防を伝える様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 聴覚障害者 手話 肺炎対策 コミュニティー 中国重慶市 共産党委員会 共産党委員会書記 委員会書記 宣伝チーム 対策重慶市 建村社区 感染予防 感染対策 感染対策宣伝 感染対策宣伝チーム 戸別訪問 新型肺炎対策 新型肺炎対策重慶市 磁建村社区 肺炎感染 肺炎感染予防 街道磁建村 障害者補助

映像情報

撮影日
2020/02/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分07秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4