「新華社」長崎県からのメッセージ「崎嶇路長情在」に込めた思い
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」長崎県からのメッセージ「崎嶇路長情在」に込めた思い 日本の長崎県から中国を支援するために送られた感染症予防・抑制物資の入った箱には「崎嶇路長情在」(険しい道にあっても、長崎の友情は共にある)というメッセージが添えられていた。今回の援助物資発送を発起、手配した長崎県貿易協会上海代表所の黒川恵司郎所長がこのほど、「崎嶇路長情在」が祈りの言葉であり、どれほどの思いやりの気持ちが込められているかを語った。黒川氏は同事務所所長に着任して約3年になる。黒川氏は、長崎県と中国の福建省、湖北省および上海市は長年にわたって友好関係を築いており、同県の長崎市は福建省福州市および広東省中山市と、大村市は上海市閔行(みんこう)区と、佐世保市は遼寧省瀋陽市および福建省アモイ市と友好都市関係を築いていると説明。同県には多くの華僑・華人が暮らしており、中国とは経済・貿易・観光関係や人的交流が非常に密接だとした上で「中国で発生した感染症に対して支援を行うのは当然のことだ」と述べた。長崎県および県内各市は連携し、地元医療機関の同意を得て地元での緊急需要に影響しないよう配慮した上で、備蓄倉庫に保管していた医療用のマスク10万2千枚、防護服4万着、手袋8万組、全面防護マスク3万個、ゴーグル1万個を調達した。これらの支援物資は、主に今回の感染症の中心となっている湖北省へ送られ、一部は友好関係にある省や市に送られる。この他、大村市と佐世保市が、それぞれ友好関係にある中国の都市に、長崎県立大学は国際交流協定締結校である湖北大学にマスクを送っている。黒川氏は「崎嶇路長情在」というメッセージは中国の古典詩から取ったものではなく、長崎県民と同県内で働く中国人の触れ合いの中から生まれた心の声だとした上で「長崎県と中国の交流には長い歴史があり、日本と中国の一衣帯水の関係の縮図ともなっている。このメッセージには、今回の感染症の状況が1日も早く終息し、日中両国間の交流が平常通り回復することへの希望が込められている」と語った。(記者/呉宇、丁汀)<映像内容>長崎県から中国に支援物資を発送、長崎県貿易協会上海代表所の所長のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 長崎県 支援物資 中国加油 みんこう インタビュー ゴーグル メッセージ 一衣帯水 上海代表 上海市閔 上海市閔行 予防抑制 予防抑制物資 事務所所長 佐世保市 備蓄倉庫 全面防護 全面防護マスク 医療機関 協会上海 協会上海代表 協定締結 友好都市 友好都市関係 友好関係 国際交流 国際交流協定締結 地元医療機関 広東省中山 得て地元 思いやり 恵司郎所長 感染症予防 感染症予防抑制 抑制物資 援助物資 援助物資発送 日中両国間 湖北大学 県内各市 県立大学 福建省アモイ 福建省福州市 経済貿易 経済貿易観光 華僑華人 観光関係 触れ合い 貿易協会 貿易協会上海 貿易観光 貿易観光関係 遼寧省瀋陽市 都市関係 長崎県立大学 長崎県貿易 長崎県貿易協会 防護マスク 黒川恵司 黒川恵司郎

映像情報

撮影日
2020/02/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分56秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4