「新華社」輸送を確保し企業活動再開を支援寧波舟山港
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」輸送を確保し企業活動再開を支援寧波舟山港 港湾貨物取扱量が11年連続で世界1位の中国浙江省寧波舟山港は、新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降も正常に稼働している。特に国内で企業活動が順次再開されてからは、企業の生産需要を保障するための生産物資の輸送に全力を尽くしている。13日には世界各地からコンテナ船6隻が入港。ガントリークレーン20機を稼働させ、最速のスピードで荷卸し作業を完了させた。企業活動の再開に伴い、港と企業の橋渡しをする多くの物流業者も忙しさを増している。東南物流は真っ先に業務を再開した物流企業の一つで、感染防止のため遠隔業務を取り入れるなど積極的に輸送力を集め、メーカーが必要とする生産物資の速やかな配送に万全を期している。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>浙江省寧波舟山港の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 生産物資 輸送 コンテナ船 物流 ガントリークレーン スピード メーカー 世界各地 中国浙江省 中国浙江省寧 企業活動 企業活動再開 寧波舟山 感染防止 支援寧波 東南物流 活動再開 浙江省寧 浙江省寧波 港湾貨物 港湾貨物取扱 物流企業 物流業者 生産需要 貨物取扱 遠隔業務

映像情報

撮影日
2020/02/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
00分55秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4