雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

雲南省の製茶企業、勐海茶葉が操業を再開  13日、検温を受ける製茶企業の従業員。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県の製茶企業、勐海茶葉は13日、地元の新型コロナウイルス感染対策指導グループ指揮部の審査を経て正式に操業を再開した。1日当たりの生産能力を従来の9割まで回復させる予定。同社は2月から、従業員700人余りに対し移動情報などに関する一斉調査を実施し、従業員全員に検温結果を毎日報告させている。また、人員の集中を避けるため、健康検査の場所を工場全体の計6カ所に設置。職場に復帰した従業員はグループや部門ごとに検温と手の消毒を行い、2次元バーコードを読み取った後に工場に入ることができる。(勐海=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 生産 もうかい グループ グループ指揮 シーサンパンナダイ バーコード 中国雲南省 中国雲南省シーサンパンナダイ 従業員全員 感染対策 感染対策指導 感染対策指導グループ 指導グループ 指導グループ指揮 新型コロナウイルス感染対策 新型コロナウイルス感染対策指導 生産能力 移動情報 自治州勐 自治州勐海 製茶企業 雲南省シーサンパンナダイ

画像情報

登録日時
2020/02/13 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1460×1095 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
4.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ