中国による新型肺炎の抑制措置は人心を鼓舞WHO事務局長
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中国による新型肺炎の抑制措置は人心を鼓舞WHO事務局長  15日、第56回ミュンヘン安全保障会議で講演するテドロス事務局長。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は15日、ドイツの第56回ミュンヘン安全保障会議で講演し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を抑え込む中国の措置は人心を鼓舞しており、中国は措置により大きな代価を払いながら世界のために時間を稼ぎ、ウイルスが他の地域へ伝播する速度を遅らせたと述べた。(ミュンヘン=新華社記者/逯陽)=2020(令和2)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス テドロスWHO事務局長 ウイルス テドロス テドロス事務局長 ミュンヘン ミュンヘン安全保障会議 ロス事務局長 世界保健機関 事務局長 感染拡大 抑制措置

画像情報

登録日時
2020/02/15 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3120×4208 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
37.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ