日本企業が業務再開、地元政府も支援長江デルタ地域
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 日本企業が業務再開、地元政府も支援長江デルタ地域  13日、浙江日立ソリューションズソフトウェアサービスのエレベーターホールに設置されたティッシュボックス。中国の長江デルタ地域では、多くの日本企業が新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止に配慮しつつ企業活動を再開している。各地方政府も支援措置により企業の感染防止策や生産再開を後押ししている。浙江省嘉興市の平湖経済開発区では、13日までに30社以上の日本企業の9割以上が活動を再開した。地元政府は感染対策の指導のほか、金融支援や租税減免などの措置も講じ、企業が難局を乗り越えられるようサポートしている。江蘇省蘇州市でも多くの日本企業が操業を再開しており、地元政府が通知や感染状況を英語や日本語に翻訳するなどして、企業の活動再開を支援している。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 生産 エレベーター エレベーターホール サポート ソフトウェアサービス ティッシュ ティッシュボックス デルタ地域 ボックス 企業活動 地元政府 地方政府 平湖経済開発 感染対策 感染状況 感染防止 支援措置 支援長江 支援長江デルタ 日本企業 日立ソリューションズ 日立ソリューションズソフトウェアサービス 業務再開 江蘇省蘇州市 活動再開 浙江日立ソリューションズ 浙江省嘉興市 生産再開 租税減免 経済開発 金融支援 長江デルタ 長江デルタ地域

画像情報

登録日時
2020/02/13 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2736×3648 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
28.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ