患者死亡、検察側求刑せず 元看護助手の再審無罪確実
本映像はログイン後にご覧いただけます

患者死亡、検察側求刑せず 元看護助手の再審無罪確実  滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者=当時(72)=の人工呼吸器を外して殺害したとして殺人罪で懲役12年が確定、服役した元看護助手西山美香(にしやま・みか)さん(40)の第2回再審公判が10日、大津地裁で開かれ、結審した。判決は3月31日に言い渡される。 検察側は論告で「被告が有罪との新たな立証はせず、裁判所に適切な判断を求める」とだけ述べ、求刑はせず、西山さんの無罪は確実となった。閉廷後、大津市内で記者会見した井戸謙一(いど・けんいち)弁護団長は「検察の論告は非常にあいまいで許されないものだ」と非難。「判決では死因の他、自白の信用性の問題まで踏み込んだ判断をしてほしい」と期待を込めた。<映像内容>大津地裁の外観、閉廷後の西山さんと井戸弁護団長による記者会見(会場への入り、冒頭の発言、質疑応答、会見雑観)、撮影日:2020(令和2)年2月10日、撮影場所:滋賀県大津市

タグ 滋賀県東近江市 湖東記念病院 人工呼吸器 殺人罪 元看護助手 西山美香 大津地裁 井戸謙一弁護団長 どけんいち にしやまみ 井戸弁護 井戸弁護団長 井戸謙一 井戸謙一弁護団 会見雑観 再審公判 再審無罪 大津市内 弁護団長 患者死亡 検察側求刑 滋賀県大津市 男性患者 看護助手 看護助手西山美香 記念病院 質疑応答

映像情報

撮影日
2020/02/10
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分49秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4