「西日本新聞」久留米市で酒蔵びらき
本映像はログイン後にご覧いただけます

「西日本新聞」久留米市で酒蔵びらき  国内有数の酒どころとして知られる久留米市の城島町、三潴町を中心とした8酒蔵の新酒が味わえる「第26回城島酒蔵びらき」(実行委員会主催)が15日、城島町の町民の森をメイン会場として始まった。この日を待ちに待った酒好きの左党たちで大いににぎわった。16日まで。天候が心配されたが、開会式が終わったころから雨も上がり、続々と来場者が押し寄せた。会場では、各銘柄の飲み比べや豊前海一粒かきが味わえる「Kaki×SakeBAR」などで楽しめるほか、おつまみの品ぞろえも充実。会場と西鉄三潴駅、JR荒木駅、各酒蔵を結ぶ無料のシャトルバスを運行している。メイン会場で知人らと杯を交わしていた同市大善寺町の自営業東谷孝徳さん(63)は「朝はあいにくの天気でしたが、新酒を飲んで心も晴れ晴れします」と笑顔だった、撮影日:2020(令和2)年2月15日、撮影場所:福岡県久留米市城島町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

タグ JR荒木駅 Kaki SakeBAR おつまみ シャトルバス メイン会場 久留米市 同市大善 同市大善寺町 品ぞろえ 国内有数 大善寺町 実行委員会 実行委員会主催 晴れ晴れ 東谷孝徳 福岡県久留米市 福岡県久留米市城島町 自営業東谷 自営業東谷孝徳 蔵びらき 西鉄三潴駅 酒好き左党 酒蔵びらき

映像情報

撮影日
2020/02/15
種別
映像・音声 / 報道
提供元
西日本新聞

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分06秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4