「新華社」インターネットで新型肺炎感染との闘いを支援江西省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」インターネットで新型肺炎感染との闘いを支援江西省 新型コロナウイルスによる肺炎感染の現状に対し、中国ではインターネットの長所を生かし、全人民を挙げての感染拡大防止・抑制の闘いが行われている。ウイルスは人々の間に距離を作ったが、インターネットが人々を繋いでいる。湖北省を支援する各地の医療関係者らは携帯電話で後方の家族とビデオチャットで連絡を保っている。江西省遠隔医療会診センターは15の省級病院、80以上の県級病院と結び、新型肺炎の感染拡大以来、定期的に呼吸器科、重症科、レントゲン科などの医療専門家を招集し、広く省内に向けて遠隔診療と教育・研修を行い、インターネットの強みを生かして、優良な医療資源を末端の医療機関へ提供、新型肺炎への対応能力を高めている。贛南医学院第一付属医院の専門家チームは行政アプリ「贛服通」で無料の相談・問診を行っており、市民は「贛服通」を通じてマスクなどの無償提供を申し込むことができる。(記者/余剛)<映像内容>ビル群の風景、スマートフォンで交流する人たち、インターネットを使った医療現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス インターネット IT 風景 空撮 ビル群 赤ちゃん スマートフォン ウイルス センター ビデオチャット レントゲン 付属医院 医療専門家 医療機関 医療現場 医療資源 医療関係者 呼吸器科 対応能力 専門家チーム 感染拡大 感染拡大防止 感染拡大防止抑制 携帯電話 支援江西省 教育研修 新型肺炎感染 江西省遠隔 江西省遠隔医療 無償提供 相談問診 肺炎感染 行政アプリ 贛南医学 遠隔医療 遠隔診療 防止抑制

映像情報

撮影日
2020/02/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分07秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4