「新華社」携帯電話の発信画面、ウイルス感染対策に一役河北省鶏沢県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」携帯電話の発信画面、ウイルス感染対策に一役河北省鶏沢県 新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制対策が講じられて以来、中国河北省邯鄲(かんたん)市鶏沢(けいたく)県では、ウイルス感染対策の広報活動のために、公益の呼び出し画面が用いられている。人々が携帯電話で電話をかける際、発信画面には単調な番号表示ではなく、ウイルス感染予防・抑制に関する実用的な知識が現れるようになった。「マスクを着け、衛生管理を徹底し、手をきちんと洗い、部屋の換気をよくしよう」「ウイルス感染対策を徹底し、感染の隙を作らない」など、小さな画面が感染予防・抑制を周知する役割を果たしている。同県はすでにユーザー1万人分の呼び出し画面を、ウイルス感染対策版に切り換える作業を終え、周知の範囲は広がり、人々の認知度も向上している。(記者/岳文婷)<映像内容>携帯電話の発信画面に新型肺炎感染予防の映像が流れる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 携帯電話 発信画面 けいたく ウイルス感染 ウイルス感染予防 ウイルス感染予防抑制 ウイルス感染対策 ユーザー 一役河北省 一役河北省鶏沢県 中国河北省 中国河北省邯鄲 予防抑制 予防抑制対策 呼び出し 呼び出し画面 広報活動 感染予防 感染予防抑制 抑制対策 新型肺炎感染 新型肺炎感染予防 河北省邯鄲 河北省鶏沢県 番号表示 衛生管理

映像情報

撮影日
2020/02/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分52秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4