「新華社」農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(記者/牟宇)<映像内容>ドローンに農業用噴霧器を取り付けて消毒作業をする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 感染対策 農業機械 ドローン 防疫 らんしゅ カノン砲 予防抑制 協同組合 噴霧機器 小型無人 徹底洗浄 感染拡大 河北省灤 活躍河北省 消毒作業 消毒防疫 消毒防疫班 農業合作社 遠隔操作 防疫先兵

映像情報

撮影日
2020/02/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
50fps
再生時間
02分10秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4