「新華社」従来からの対策法からユニークな先進技術まで感染予防アイデアさまざま
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」従来からの対策法からユニークな先進技術まで感染予防アイデアさまざま 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、中国国内の多くの政府機関、企業、社区(コミュニティー)などが、一部の重点エリア、高血圧・糖尿病など持病のある人、高齢者などのためにさまざまな感染予防のアイデアを考え出している。「昔からのやり方」もあれば、人工知能(AI)やサーモグラフィー、ビッグデータ、ロボットなどのユニークで先進的な技術もある。従業員の安全を守り、交差感染を減らすため、多くの企業食堂で1メートルの間隔を開けて座らせたり、組分け・時間帯分けしたりするなどの方法を取り入れており、全社員を4回に分けて順番に食堂を使うようにしているところもある。また、同じ方向を向いて席に着き、対面式で食べることは禁止されている。浙江省温州市鹿城区の広化街道(区の下に置かれる行政単位)に設置された2カ所の集中隔離拠点では、ネット出前サービス大手の「餓了麼(ウーラマ)」が開発したAI出前ロボットが、経過観察のため隔離されている人々に1往復5分で食べ物や薬を届けている。人と人の接触を減らすことで、第一線で奮闘する関係者の感染率を低減し、感染拡大防止に一役買っている。さらに小型無人機が、家から隔離された住民にマスクやスリッパを届けるところもある。浙江省杭州市では、春節(旧正月)休暇を終えてUターンする人が増え、また長期間にわたり自宅待機している住民が我慢できず日光に当たりに外に出ることが増えるにつれ、社区の感染拡大防止・抑制に対するリスクが増大している。住民に家にいるよう説得するため、下城区石橋街道では、小型無人機を出動させ空から「ご年配の皆さん、早く家に帰ってください」「あなた、あなたのことですよ」などと呼びかけ、日光浴に出て来たり、おしゃべりをしたりする住民に家に戻るよう勧告している。中国電子商取引(EC)大手アリババのセキュリティーセンターは12日、「AI防疫師」システムを発表した。リアルタイムでの正確な体温測定、マスク着用の識別、ハイリスクな人々への注意喚起と追跡などの機能を持ち、工業団地やオフィス、デパート、地下鉄駅、空港など人が密集する公共の場所に迅速に配置することができる。(記者/殷暁聖、張璇、呉帥帥)<映像内容>新型肺炎の感染予防対策、AI出前ロボット、AI防疫師システムなど、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 感染予防 ロボット IT 科学 技術 体温測定 AI防疫師 AI出前 AI出前ロボット AI防疫 Uターン おしゃべり アイデア アリババ ウーラマ オフィス コミュニティー サービス サービス大手 サーモグラフィー システム スリッパ セキュリティー セキュリティーセンター センター デパート ネット出前 ネット出前サービス ハイリスク ビッグデータ マスク着用 リアルタイム 下城区石橋 下城区石橋街道 中国国内 中国電子商取引 予防アイデア 予防対策 交差感染 人工知能 企業食堂 先進技術 出前サービス 出前サービス大手 出前ロボット 地下鉄駅 大手アリババ 小型無人機 工業団地 感染予防アイデア 感染予防対策 感染拡大 感染拡大防止 感染拡大防止抑制 政府機関 注意喚起 浙江省杭州市 浙江省温州市 浙江省温州市鹿城区 温州市鹿城区 石橋街道 経過観察 自宅待機 行政単位 重点エリア 防止抑制 隔離拠点 集中隔離 集中隔離拠点 電子商取引 高血圧糖尿病

映像情報

撮影日
2020/02/19
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分16秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4