「新華社」中欧班列(南昌)、通常運行を再開江西省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中欧班列(南昌)、通常運行を再開江西省 中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が17日午前、ロシアのモスクワとベラルーシのミンスクに向け、江西省の南昌(向塘)国際陸上港を出発した。これにより、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止・抑制期間における中欧班列(南昌)の通常運行が回復した。同列車は40フィートコンテナを積載した41両編成で、同省で製造された自動車部品や機械設備、衣料品など約500万ドル(1ドル=約110円)相当の貨物を運んでいる。同国際陸上港では2017年から今年1月末までに、船舶と鉄道の連携輸送・シーアンドレールの輸出路線4本と国際直通貨物列車の路線5本を開通させており、輸出入貨物はコンテナ約6万個に達している。(記者/黄浩然)<映像内容>中欧班列走行の様子、撮影日:2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 国際定期貨物列車 中欧班列 一帯一路 車両 コンテナ シーアンドレール ベラルーシ ミンスク モスクワ 再開江西省 国際定期 国際直通 国際直通貨物列車 国際陸上 国際陸上港 定期貨物列車 感染拡大 感染拡大防止 感染拡大防止抑制 抑制期間 機械設備 班列走行 直通貨物列車 自動車部品 貨物列車 輸出入貨物 輸出路線 輸送シーアンドレール 通常運行 連携輸送 連携輸送シーアンドレール 防止抑制 防止抑制期間

映像情報

撮影日
2020/02/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分54秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4