三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表  三星堆遺跡から出土した青銅神樹。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 医療従事者 無料公開 中国四川省 中国四川省広漢市 予防抑制 予防抑制活動 医療従事者対象 四川省広漢市 国宝級文化財 展示面積 抑制活動 臨時閉館 青銅神樹 青銅立人

画像情報

登録日時
2020/01/22 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1243×2000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
7.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ