「新華社」感染対策を徹底し農業にいそしむ新疆ウイグル自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」感染対策を徹底し農業にいそしむ新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区を含む4地区・州(カシュガル地区、ホータン地区、アクス地区、クズルス・キルギス自治州)は、中国の極度貧困地域だ。同地では新型コロナウイルスによる肺炎の予防と抑制を徹底した上で、貧困脱却のための今年の目標達成に向け、農民らが抱える農業生産の問題解決を積極的に進めている。カシュガル市中心部からわずか9キロの同市ハンディ郷託万克莫爾吐木村では、野菜の栽培が住民の収入増を実現する主な手段となっている。同村はここ数日、野菜の苗をビニールハウスから植え替える時期を迎えており、大切な時期を逃さないよう、村民らが地元幹部の指揮の下、感染対策を徹底しながら農業生産に精を出している。(記者/張嘯誠)<映像内容>野菜の栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 農業 栽培 アクス地区 カシュガル地区 カシュガル市 カシュガル市中心部 クズルスキルギス クズルスキルギス自治州 ハンディ ハンディ郷 ハンディ郷託 ビニールハウス ホータン ホータン地区 中国新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区 今年の目標 今年の目標達成 同市ハンディ 同市ハンディ郷 問題解決 地元幹部 感染対策 新疆ウイグル自治区 新疆ウイグル自治区カシュガル地区 極度貧困 極度貧困地域 爾吐木村 貧困地域 貧困脱却 農業生産

映像情報

撮影日
2020/02/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分56秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4