「新華社」中国企業が生産体制を整え、ウイルス対策を支援
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国企業が生産体制を整え、ウイルス対策を支援 新型コロナウイルスによる肺炎の流行により、医療材料や医療機器の需要が高まりを見せていることから、中国企業は生産体制の整備を加速させている。遼寧省瀋陽市に本社を置くソフトウエア開発大手の東軟集団は、従来のビジネスに大規模な医療産業を組み合わせた。新型肺炎の症例を7日以内に診断するための遠隔CTスキャナーを開発・製造した。患者と医療従事者の接触を減らすことができるこの機器は、AIアルゴリズムに基づいて迅速な診断を提供することが可能になる。産業用ロボット大手の瀋陽新松機器人自動化は、20日以内に医療用マスクの高性能な生産ラインを二つ開発し、ほかのマスクメーカーと共同で需要分析や技術計画を行っている。同社はまた、感染の中心地である武漢市でのウイルス対策を支援するため、数十台のロボットを寄贈した。東北製薬集団は3日間でアルコール綿の技術を研究し、製品を発売した。同社はアルコール綿を毎日2万本製造し、将来的には10万本まで増えると見込まれている。<映像内容>中国企業の新型肺炎関連の生産の様子、マスクや医療機器の生産、ロボット生産など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 生産 医療 マスク IT 科学 技術 ロボット AIアルゴリズム CTスキャナー アルコール アルコール綿 アルゴリズム ウイルス対策 スキャナー ソフトウエア ソフトウエア開発 ソフトウエア開発大手 ビジネス マスクメーカー メーカー ロボット生産 中国企業 二つ開発 医療従事者 医療材料 医療機器 医療産業 技術計画 新型肺炎関連 新松機器 東北製薬 東北製薬集団 東軟集団 瀋陽新松 瀋陽新松機器 生産ライン 生産体制 産業用ロボット 産業用ロボット大手 製薬集団 遠隔CT 遠隔CTスキャナー 遼寧省瀋陽市 開発大手 開発製造 需要分析

映像情報

撮影日
2020/02/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分54秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4