「新華社」「看護師さん、あと14日私の子供の世話をお願いしますね」
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」「看護師さん、あと14日私の子供の世話をお願いしますね」 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は先ほど、新華社が配信した新型コロナウイルスによる肺炎と闘う「看護師のお母さん」の動画ニュースをツイッターに転載した。動画は安徽省に住むある家族に関するもので、成人全員が新型肺炎と診断され入院し、濃厚接触者である赤ちゃんと幼児を世話する家族がいなくなってしまったために、地元の医療機関の看護師6人が「臨時お母さん」を引き受け、赤ちゃんに粉ミルクを飲ませ、おむつを替え、風呂に入れ、服を洗濯するなどの世話をするとの内容になっている。テドロス氏は、新型肺炎との闘いで医療従事者が最も大きなプレッシャーを受けていると指摘。この感動的な動画は、看護師が努力と愛情を持って仕事に取り組んでいることを示しており、われわれはさらに団結を示す必要があると訴えた。(記者/屈彦、湯陽、水金辰、劉美子)<映像内容>成人家族が全員新型肺炎で入院、濃厚接触者である子どもを看護師が世話する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 看護師 赤ちゃん 幼児 子ども 世話 入院 濃厚接触者 臨時 母親 お母さん ツイッター テドロス テドロス事務局長 プレッシャー ロス事務局長 世界保健機関 事務局長 全員新型肺炎 医療従事者 医療機関 成人全員 成人家族 粉ミルク 臨時お母さん

映像情報

撮影日
2020/02/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分48秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4