「新華社」外国人ボランティア、防疫活動に積極参加広西チワン族自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」外国人ボランティア、防疫活動に積極参加広西チワン族自治区 中国広西チワン族自治区桂林市陽朔県では、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止のため、多くの村で外部からの車両や人の流入を厳しく制限するとともに、出入りする人は全員体温チェックを行うなど、閉鎖的管理を実施している。同県の陽朔旧県村でも同様の措置を採っているが、他村と唯一異なるのは、地域の巡回や感染症予防の係員が着用する赤い腕章を着けた外国人がいることだ。南アフリカ出身の建築家イアン・ハムリントンさんは、2009年に旧県村に移り住んだ。6棟24軒の古い住宅をまとめて借りて民宿に改造し、中国での生活をスタートさせた。すっかり村の生活に溶け込み、民宿は今年の春節(旧正月)早々に予約で満室だったが、肺炎が発生したため、大部分の客に旅をキャンセルするよう説得した。また、進んで村の感染防止活動に参加し、出入りする車両や人への聞き取り調査や検温、漏れのない登録を行っている。「中国政府の対応はすばらしい。人口の多い国だが、現在、情報の共有と更新、健康上の提言などの対策が役割を果たしている。今年、中国の商業や観光業への影響は避けられないが、すぐに良くなるだろう。全ての人の幸運を祈っている」とハムリントンさんは語った。(記者/呉思思)<映像内容>中国に住む外国人が防疫活動に参加、生活の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 外国人ボランティア 防疫活動 動物 生き物 生活 暮らし イアンハムリントン キャンセル スタート チェック ハムリントン ボランティア 中国広西チワン族自治区 中国広西チワン族自治区桂林 中国政府 体温チェック 借りて民宿 全員体温 全員体温チェック 南アフリカ 南アフリカ出身 参加広西チワン族自治区 広西チワン族自治区 広西チワン族自治区桂林 建築家イアンハムリントン 感染症予防 感染防止 感染防止活動 聞き取り調査 防止活動

映像情報

撮影日
2020/02/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分26秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4