「新華社」鉄道輸送の安全確保に尽力新型肺炎と闘う鉄橋監視員
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」鉄道輸送の安全確保に尽力新型肺炎と闘う鉄橋監視員 中国鉄路瀋陽局集団の管区内にある小荒溝特大橋は、全長1947メートル、最大落差58メートル。通灌鉄道(通化‐灌水)と梅集線(梅河口‐集安)、鴨大線(鴨園‐大栗子)および渾白線(白山市‐安図県二道白河鎮)を結ぶ重要な交通ハブ拠点となっている。現在、新型コロナウイルスによる肺炎の対策支援物資と企業の操業再開で故郷から職場へ戻る人々の両方が集中しているため、輸送需要が極めて大きい。現在、貨物列車が同大橋を1日に10数往復しており、貨車の重さは3千トンを超える。そのため、重みでレールが少なくとも1センチはたわむため、ボルトが緩みやすくなっている。鉄橋の監視員は、橋脚と橋梁の間を毎日登り下りしながら橋梁に異常がないかを点検することで、鉄道輸送の安全確保に努めている。(記者/姜兆臣)<映像内容>小荒溝特大橋の風景、新型肺炎の輸送増加のため鉄橋の点検を強化、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 空撮 ドローン 鉄道 交通 鉄橋 点検 しながら しながら橋梁 そのため ハブ拠点 中国鉄路 中国鉄路瀋陽 二道白河鎮 交通ハブ拠点 安全確保 安図県二道 安図県二道白河鎮 対策支援 対策支援物資 小荒溝特大 尽力新型肺炎 操業再開 支援物資 最大落差 貨物列車 輸送増加 輸送需要 通灌鉄道 鉄橋監視員 鉄路瀋陽 鉄道輸送

映像情報

撮影日
2020/02/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分22秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4