「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 「特別列車」、貧困脱却の希望を乗せて職場復帰を支援  21日、受け入れ先の福建兆元光電に到着し、宿舎で話をする甘粛省定西市安定区出身の出稼ぎ労働者、張努傑(ちょう・どけつ)さん(左)と郭宏(かく・こう)さん(左から2人目)。中国甘粛省定西(ていせい)市の出稼ぎ労働者519人を乗せたG4704列車が21日午後9時頃、福建省福州駅に到着した。同列車は甘粛省と福建省を直通で結び、出稼ぎ労働者の職場復帰を支援する初の高速鉄道特別列車で、福建省にとっても初の出稼ぎ労働者専用の特別列車受け入れに当たる。定西市では今年、約千人の労働者が2500キロ離れた福建省福州市での出稼ぎ労働を希望している。しかし、新型コロナウイルスによる肺炎が発生したため、春節(旧正月)以降に福州市に向かう計画が頓挫、操業再開を進める福州市の企業は緊急に労働者を必要としていた。両地区の要請を受けた鉄道部門は、定西市と福州市を結ぶ出稼ぎ労働者専用の特別列車を運行、移動中の感染リスクを減らしながら、福州市の企業の人手不足という喫緊の課題も解決した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 職場復帰 労働者 移動 交通 中国甘粛省 人手不足 出稼ぎ労働 出稼ぎ労働者 出稼ぎ労働者専用 列車受け入れ 労働者専用 受け入れ 安定区出身 定西市安定区 定西市安定区出身 感染リスク 操業再開 甘粛省定西市 甘粛省定西市安定区 福建省福州市 福建省福州駅 貧困脱却 鉄道部門 高速鉄道

画像情報

登録日時
2020/02/21 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3239×4726 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
43.7(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ