新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

新型肺炎と闘い、生産を確保する大慶油田  11日、職場に復帰したスタッフの体温を測る大慶油田生産現場の防疫検査所検査員。新型コロナウイルスによる肺炎を前にして、中国黒竜江省の大慶(たいけい)油田は感染と闘い生産を確保する最前線に立っており、1月の国内石油・天然ガス生産量は299万石油換算トンで、年間の安定した生産実現の基礎を築いた。生産の第一線の感染対策を強化するために、大慶油田フルンボイル分公司(支社)は、計1千本近い消毒液や手洗い液、100余りの体温計や放射温度計の調達と配布を行った。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 仕事 生産 スタッフ ハルビン フルンボイル 中国黒竜江省 国内石油 国内石油天然ガス 大慶油田 大慶油田フルンボイル 大慶油田生産現場 天然ガス 天然ガス生産量 感染対策 放射温度計 生産実現 生産現場 石油天然ガス 石油天然ガス生産量 石油換算トン 闘い生産 防疫検査 黒竜江省

画像情報

登録日時
2020/02/11 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2736×3648 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
28.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ