被爆者3人の訴え退ける 原爆症認定で最高裁
本映像はログイン後にご覧いただけます

被爆者3人の訴え退ける 原爆症認定で最高裁  原爆による放射線で病気にかかった被爆者が、手術などの治療を受けずに経過観察中の場合でも原爆症と認めるべきかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(宇賀克也(うが・かつや)裁判長)は25日、原爆症と認定しなかった国の処分を取り消すよう求めた被爆者の女性3人の請求を退けた。原告側敗訴が確定した。<映像内容>東京地裁外観、原告の入り、判決後の旗出し、原告側記者会見、撮影日:2020(令和2)年2月25日、撮影場所:東京都千代田区

タグ 原爆症認定 放射線 訴訟 最高裁 被爆者 内藤淑子さん 上告審判決 内藤淑子 宇賀克也 東京地裁 東京地裁外観 東京都千代田区 経過観察

映像情報

撮影日
2020/02/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分36秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4