「新華社」西湖風景区、屋外型有料施設の営業再開浙江省杭州市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」西湖風景区、屋外型有料施設の営業再開浙江省杭州市 中国浙江省杭州市の西湖風景区は19日、これまで閉鎖していた公園や観光施設の営業を規定に従い整然と再開した。対象となった屋外型の有料施設は通常通りの時間帯で営業するが、各種博物館(風景区内の邸宅、楼閣、建築物を含む)などの閉鎖空間型の施設は閉館を続け、再開時期は別途通知することになっている。同風景区は各公園や観光施設を秩序よく開放すると同時に、来訪する市民と観光客には実名登録と実名でのチケット購入、予約来場とキャッシュレス決済を推奨している。また来場者数の制限も行い、1日当たりの受け入れは原則的に収容可能人数の50%以内に抑え、団体客は時間制により間隔を空けて入園させている。全ての観光客は必ずマスクを着用し、入園時には体温測定を受けることを義務付けている。(記者/王懌文、李濤)<映像内容>新型肺炎対策のため閉鎖していた公園や観光施設を再開、撮影日:2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 空撮 ドローン 風景 観光 営業再開 キャッシュ キャッシュレス キャッシュレス決済 チケット チケット購入 レス決済 中国浙江省 中国浙江省杭州市 予約来場 体温測定 受け入れ 各種博物館 営業再開浙江省 営業再開浙江省杭州市 実名登録 新型肺炎対策 有料施設 浙江省杭州市 西湖風景 観光施設 閉鎖空間 風景区内

映像情報

撮影日
2020/02/19
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分17秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4