「新華社」78歳の中医学の名医、新型肺炎との闘いの日々
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」78歳の中医学の名医、新型肺炎との闘いの日々 中国河南省の鄧州市中医院の唐祖宣(とう・そせん)院長(78)は、医師として62年のキャリアがあり、中医学(民族医学を含む)に貢献した医療従事者に授与される第2回「国医大師」にも選ばれた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する危機に際し、唐氏は鄧州市新型肺炎中医予防技術指導グループのリーダーに任命された。唐氏は1月25日から、学生たちと討論し、異なる症状に応用できる複数の中医薬の処方を作り出した。新型肺炎と確定診断された患者の臨床治療に取り入れるとともに、一般的な予防煎じ薬を作り、感染対策の最前線で闘うスタッフや隔離されている人々に提供している。唐氏は、「中医薬が感染の予防・抑制と治療に非常に効果があると感じており、末端の設備が不十分で関連する医薬品や防護施設が不足している状況下では、中医学の役割がさらに重要になっている」と述べた。(記者/韓朝陽)<映像内容>中医薬の調合、予防煎じ薬作りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 中医薬 中国医学 中国文化 調合 感染予防 治療 うそせん キャリア グループ スタッフ リーダー 中医予防 中医予防技術 中国河南省 予防技術 予防技術指導 予防抑制 予防煎じ薬 医療従事者 州市新型肺炎 州市新型肺炎中医 感染対策 技術指導 技術指導グループ 指導グループ 新型肺炎中医 新型肺炎中医予防 民族医学 確定診断 臨床治療 鄧州市新型肺炎 防護施設

映像情報

撮影日
2020/02/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分06秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4