「新華社」新型肺炎で「シェア従業員」誕生ホテル従業員が工場労働者に
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」新型肺炎で「シェア従業員」誕生ホテル従業員が工場労働者に 中国福建省福清市の人的資源・社会保障局はこのほど、「シェア従業員」制度を用いて、ホテル従業員が一時的に工場労働者として働けるよう支援した。新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、中国のホテル・飲食業界は業務がほぼ停滞している半面、工業企業は操業再開に際して人手不足という大きな問題に直面していた。地元のホテル「福清融僑大酒店」の従業員51人はこのほど、パソコン用ディスプレーなどを生産する「福建捷聯電子」で研修を受け、一時的に各生産ラインに配属されることになった。福建捷聯電子では従業員千人以上が職場復帰できていない。「シェア従業員」という新しい協力モデルが、ホテル従業員の臨時就業を実現しただけでなく、生産を再開する工場の人手不足問題も解決し、異なる業界同士が互いに助け合う関係を生み出した。(記者/陳旺)<映像内容>業務の停滞しているホテルの従業員が一時的に工場労働者として働く様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス シェア従業員 仕事 ディスプレー パソコン ホテル従業 ホテル従業員 ホテル飲食 ホテル飲食業界 中国福建省 中国福建省福清市 人手不足 人的資源 人的資源社会保障局 協力モデル 工場労働者 工業企業 従業員千人 捷聯電子 操業再開 業界同士 生産ライン 社会保障局 福建捷聯 福建省福清市 福清融僑 職場復帰 臨時就業 融僑大酒 誕生ホテル 誕生ホテル従業員 飲食業界

映像情報

撮影日
2020/02/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分29秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4