チベット族の芸術家、方言による放送で感染防止を呼びかけ青海省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 チベット族の芸術家、方言による放送で感染防止を呼びかけ青海省  17日、録音の前に、台本を書く土登君乃さん。土登君乃(トゥプテンジュンネ)さん(47)は、中国青海省玉樹チベット族自治州で暮らしている芸術家。同自治州は青海チベット高原東部に広がる三江源自然保護区の中心的地区に位置し、平均標高は4千メートル、総人口の9割をチベット族の人々が占めている。今年のチベット暦の正月は、新型コロナウイルスによる肺炎感染の影響を受けた。土登君乃さんはチベット語の方言に当たるカム・チベット語で科学的な感染防止対策を録音・放送し、同自治州の人々が自宅で感染対策に関する知識を得られるように取り組んでいる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス チベット族 芸術家 カムチベット語 チベット暦 チベット語 チベット高原 チベット高原東部 トゥプテンジュンネ 中国青海省 中国青海省玉樹チベット族自治州 土登君乃 平均標高 感染対策 感染防止 感染防止対策 玉樹チベット族自治州 肺炎感染 自然保護区 録音放送 防止対策 青海チベット高原 青海チベット高原東部 青海省玉樹チベット族自治州

画像情報

登録日時
2020/02/17 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
4032×3024 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
34.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ