AIの手塚〝新作〟披露 「ぱいどん」、27日発売
本映像はログイン後にご覧いただけます

AIの手塚〝新作〟披露 「ぱいどん」、27日発売  人工知能(AI)が手塚治虫の作品を学習し、物語の原案などを担った新作漫画「ぱいどん」が26日、東京の講談社で披露された。プロジェクトに参加した長男の真さんは「AIが漫画を描くなんて、まさに手塚作品のよう」と感想を語った。27日発売の漫画誌「モーニング」に掲載される。作品は2030年の東京でホームレスの哲学者「ぱいどん」が事件を解決する物語。AIが「ブラック・ジャック」などの手塚漫画を読み込んでシナリオ原案を作り、人間の脚本家が手を加えて仕上げた。登場人物の顔も、AIが手塚漫画のキャラクターを学習するなどしてデザインした。<映像内容>手塚治虫の長男真氏や漫画家ちばてつやさんらの記者会見の様子、マンガ原稿のブツ撮り、撮影日:2020(令和2)年2月26日、撮影場所:東京都内

タグ 人工知能 AI 手塚治虫 作品 学習 物語 原案 新作漫画 ぱいどん 東京 講談社 披露 プロジェクト 参加 長男 ちばてつや キャラクター シナリオ シナリオ原案 デザイン ブラックジャック ホームレス マンガ原稿 モーニング 手塚作品 手塚漫画 東京都内 漫画家ちばてつや 登場人物

映像情報

撮影日
2020/02/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分04秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4