ハンセン病特別法廷は違憲 死刑事件で熊本地裁が初判断
本映像はログイン後にご覧いただけます

ハンセン病特別法廷は違憲 死刑事件で熊本地裁が初判断  ハンセン病患者とされた男性が、隔離先の療養所などに設置された特別法廷で死刑となり執行された「菊池事件」について、検察が再審請求しないのは違法だとして他の元患者らが国に損害賠償を求めた訴訟の判決で、熊本地裁は26日、「特別法廷での審理は人格権を侵害し、患者であることを理由とした不合理な差別で、憲法13条、14条に違反する」との判断を示した。賠償請求は棄却した。ハンセン病患者の特別法廷を違憲とした司法判断は初めて。最高裁は2016年4月、特別法廷を裁判所法違反と認めて謝罪。その際の記者会見で「憲法違反が強く疑われるが、具体的状況が分からず判断できない」と説明していた。<映像内容>原告団の入り、旗出し、原告団の記者会見の様子、撮影日:2020(令和2)年2月26日、撮影場所:熊本県熊本市

タグ ハンセン病患者 男性 隔離先 療養所 設置 特別法廷 死刑 執行された 菊池事件 検察 損害賠償 訴訟 判決 熊本地裁 ハンセン病 具体的状況 再審請求 司法判断 憲法違反 死刑事件 熊本県熊本市 裁判所法 裁判所法違反 賠償請求

映像情報

撮影日
2020/02/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分04秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4