「新華社」へき地の子どもに授業資料届ける「ライダー校長」江西省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」へき地の子どもに授業資料届ける「ライダー校長」江西省 中国江西省宜春市万載県の高村鎮新竹村にある新竹小学校の羅長石(ら・ちょうせき)校長は、中国が新型コロナウイルスによる肺炎と闘うこの特殊な時期に、子どもたちに授業資料を届ける「バイク宅配員」の役目を引き受けている。湖北省武漢市で新型肺炎の発生が報告されてから、中国各地の学校は新学期の開始を遅らせた。同省の学校は休校中も授業に支障が出ないよう、10日からオンライン授業を開始した。しかし、同県政府所在地から50キロ離れた村で最も辺ぴなところにある同村尹家嶺集落は、携帯電話の電波が悪いため、集落の子どもたちはオンライン授業が始まってから、比較的電波の良い山の頂上付近に建てられた竹の小屋でオンライン授業を受けていた。この状況を知った地元の教育部門は、当日夜に担当者を同村へ派遣。パソコン数台を送り届けた。羅校長は、子どもたちに授業資料を毎日届ける役目を買って出た。羅校長は11日から、毎朝急いで学校へ行き、当日のオンライン授業用の動画を制作・保存してから、それをUSBメモリーにコピーすると、バイクに乗って山道を走り、集落に住む児童生徒5人の家まで届けている。授業は午前と午後の両方あるため、毎日、山道を20キロ以上往復しなければならない。羅校長は「どの授業も欠かせないし、どの子どもも大切。授業資料を送り届けるのは私の務め」と語った。(記者/余剛、劉彬)<映像内容>オンライン授業の準備する校長先生、教材を生徒に届ける様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 子ども オンライン授業 USBメモリー ょうせき らちょうせき オンライン バイク宅配 パソコン メモリー ライダー ライダー校長 中国各地 中国江西省 中国江西省宜春市 児童生徒 制作保存 同県政府 同県政府所在地 子どもたち 授業資料 携帯電話 政府所在地 教育部門 新竹小学校 校長先生 江西省宜春市 湖北省武漢市 頂上付近 高村鎮新竹

映像情報

撮影日
2020/03/01
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分45秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4