「新華社」正確に検体を採取できれば、核酸検出の精度は高い鍾南山院士
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」正確に検体を採取できれば、核酸検出の精度は高い鍾南山院士 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が猛威を振るう中、核酸検出法の精度が人々の話題を集めている。中国工程院院士(アカデミー会員)の鍾南山(しょう・なんざん)氏はこのほど、広東省政府新聞弁公室の記者会見で、核酸検出を信頼すべきであり、比較的正確に検体を採取できれば、精度は高くなるはずだとし、この意味で検出率は正確だと説明した。検体は新型コロナウイルス専門の検査施設「火眼」実験室に送られた後、受領、開梱、不活性化、情報照合、仕分け、移送、核酸抽出、検出と増幅、解析リポートのレビューと配布など一連の工程を経る。不活性化が最も鍵となるプロセスであり、検査員は陰圧検査室で防護服を着用するだけでなく、関連するあらゆる操作を生物学的安全キャビネット内で行う必要がある。実験室の責任者は、100%の検出率を達成できる技術はなく、絶えずウイルスを知り、技術を改良するとともに、検出とモニタリングの頻度を高め続ける必要があるとの見解を示した。(記者/王作葵、潘志偉、董博涵)<映像内容>新型肺炎の検体を採取、「火眼」実験室の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 検体 医学 医療 しょうなんざん なんざん アカデミー アカデミー会員 ウイルス キャビネット プロセス モニタリング リポート レビュー 不活性化 中国工程院 広東省政府 広東省政府新聞 情報照合 政府新聞 新型コロナウイルス専門 核酸抽出 核酸検出 検査施設 解析リポート 陰圧検査

映像情報

撮影日
2020/02/28
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分55秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4