「電力保育士」、住民の食生活を保障新疆ウイグル自治区
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「電力保育士」、住民の食生活を保障新疆ウイグル自治区  22日、ホータン市イルチ(伊力其)郷の水管理施設にある分電盤を検査し、ポンプ式井戸の正常な電力消費を確保する国家電網和田供電公司の職員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区では新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが始まって以来、国家電網和田供電公司が共産党員サービスチームおよび同社の従業員全員を積極的に動員して、農村の隅々まで入り込んで架空電線を検査している。検査によって電力供給の潜在的な危険を取り除き、オンラインでの電力取扱業務を普及させることで、住民の食生活を守り、農業生産における電力消費を保障し、地元の経済・社会発展と貧困脱却を支援している。(ホータン=新華社配信/甄立民)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 食料 電力 オンライン サービス サービスチーム ホータン 中国新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区ホータン 保障新疆ウイグル自治区 共産党員 共産党員サービス 共産党員サービスチーム 取扱業務 国家電網 国家電網和田 国家電網和田供 従業員全員 新疆ウイグル自治区 新疆ウイグル自治区ホータン 架空電線 水管理施設 社会発展 管理施設 経済社会発展 貧困脱却 農業生産 電力供給 電力保育士 電力取扱 電力取扱業務 電力消費

画像情報

登録日時
2020/02/22 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1417×2000 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
8.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ