絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認  23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園でマガモの群れと共に過ごすアカハジロ(上)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 動物 生き物 IUCN アカハジロ センター センター職員 レッドリスト ロシア極東地域 中国雲南省 中国雲南省保山市 保山市青 保山市青華 公園管理 公園管理センター 国家湿地 国家湿地公園 国際自然保護連合 東アジア 東南アジア 極東地域 海国家湿地 湿地公園 湿地公園管理 管理センター 管理センター職員 絶滅危惧 絶滅危惧種 絶滅危惧種アカハジロ 華海国家 華海東湖 雲南省保山市 雲南省保山市青 青華海東

画像情報

登録日時
2020/02/23 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
937×668 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
1.7(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ