「新華社」アリババ創業者の馬雲氏、マスク100万を日本に寄付
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」アリババ創業者の馬雲氏、マスク100万を日本に寄付 中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が設立した「馬雲公益基金会」と同グループの「アリババ公益基金会」は2日午後、微博(ウェイポー)を通じて、マスク100万枚を日本に寄付すると発表した。両基金会は中国のSNS「微博(ウェイボ)」で「出発!マスク100万枚が今日、日本に向かう。必要とする人の助けになることを望む。アリババの気持ちだけでなく、大勢の中国人の気持ちだ。日本の状況が好転するように!中国の状況が好転するように!」とメッセージを投稿した。マスクは両基金会が多方面から緊急に調達した。日本到着後は一般社団法人医療国際化推進機構(IMSA)の二階俊博名誉理事長を通じて、物資を必要とする部門へ送られる。1日夜に浙江省嘉興市を出発した物資は、既にアリババの物流子会社「菜鳥網絡(CAINIAO)」の上海倉庫に到着しており、3日未明にも日本に向け空輸される。中国で新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以降、日本政府と社会各界は続々と援助の手を差し伸べ、大量のマスクや防護服などの医療物資を寄付した。馬氏は微博で「青山一道、同担風雨(同じ山を見る近隣同士、共に風雨に耐えよう)。全てがすぐに良くなると信じよう」とメッセージを送った。(記者/殷暁聖、張璇)<映像内容>マスクをつけた人々、病院の様子など、撮影日:2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス アリババ マスク 寄付 医療 CAINIAO IMSA アリババグループ アリババ公益 アリババ公益基金 アリババ創業 ウェイボ ウェイポー グループ ジャックマー メッセージ 一般社団法人 一般社団法人医療 一般社団法人医療国際化 上海倉庫 中国電子商取引 二階俊博 二階俊博名誉理事長 公益基金 医療国際化 医療国際化推進 医療物資 同担風雨 名誉理事長 国際化推進 国際化推進機構 大手アリババグループ 推進機構 日本到着 日本政府 浙江省嘉興市 物流子会社 社会各界 菜鳥網絡 近隣同士 電子商取引 青山一道 馬雲公益 馬雲公益基金

映像情報

撮影日
2020/03/02
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分51秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4